資産運用の為に行うマンション経営のコツ|利益を得る為の方法

不動産の活用

集合住宅

マンション経営を行う前に知っておきたいポイントとして挙げられるのが、利回りに関する点です。簡単に言ってしまうと、マンション等の元金に対し、どれだけ利益が見込めるかというもので、利回りが高いほど元金を早く回収することができます。そのため不動産投資としてマンション経営を行うのであれば、どれだけ利回りの良い物件を見つけることができるかが重要になります。また専業として行う以外にも副業として活用しやすくもなるため、老朽化による空室リスクなどを避けるためにも、出来る限り利回りの良いマンションなどを購入すると良いでしょう。これは中古物件だけでなく新築物件にも言えるため、不動産業者などと相談し、どうすれば利回りが良くなるかを相談するのも一つの手です。

マンション経営を行う目的としてあげられるのが、資産の有効活用です。現在銀行の定期預金などは利率が低く、預けても大きな利益を得ることは非常に難しくなりつつあります。しかしマンション経営を始めとする不動産投資であれば、おおよそ10年程度である程度投資額を回収することができ、その後借入金の返済などがなくなれば、大きな利益を手に入れることができるようになります。また個人事業としてではなく法人としてマンション経営を行うことで、様々な税制優遇措置を受けることができるのも魅力です。どの場合においても自身一人で判断せず、不動産投資セミナーや不動産業者、税理士などと相談しながら進めることで、節税などを行いつつ利益を得ることが可能となります。

インテリア

長期留守宅の活用

リロケーションは、転勤などにより長期にわたって家を空ける場合に、その期間に限って家を貸し出す制度です。経年劣化による家の傷みも防ぐことができる上に、家賃収入を得ることができます。グローバル化で転勤先も多様化していますので、今後需要が出てくる制度と言えます。

積み木とお金

不動産で収入を得る

不動産投資には売買の差額を利用してキャピタルゲインを獲得する方法と、家賃収入などのインカムゲインを目的とする方法があります。後者が現在の主流になっており、銀行ローンを利用して自己資金なしでも始めることができます。

メンズ

保証人不要で入居可能

現代は家賃の契約時に必要な保証を、様々な理由で立てることができない人が多いです。そのために、家賃債務保証制度と言って、対象の人に対して保証人を代行する家賃債務保証の会社があります。この制度には、多くの社会的弱者が住宅に入居できるというメリットがあります。