資産運用の為に行うマンション経営のコツ|利益を得る為の方法

不動産で収入を得る

積み木とお金

インカムゲインに転換

高度成長期には日本の土地は絶対に値下がりしないと誰もが信じていたため、キャピタルゲインを主な目的として不動産投資を行なう人が数多くいました。すなわち安価で物件を購入し、値上がりしたら売却して、その差額で儲けようという発想です。しかし土地神話が崩壊し、地価の下落が普通になった現在では、こうした不動産投資は国内では困難になっています。土地の売却益には多額の税がかけられることも、キャピタルゲインの獲得を難しくしています。今では不動産な投資と言えば、インカムゲインを目的とすることが一般的です。ある程度の期間にわたってアパートやマンションを賃貸し、その家賃収入で儲けるのがひとつのパターンになっています。

ローンの利用も考慮

キャピタルゲインを目的として、使用しない土地を購入するためには、まとまった資金が必要になります。しかし賃貸アパートやマンションを購入する場合、安定した家賃収入が見込めるなら、銀行から融資を受けることができます。もちろん審査があるため、無条件で借りられるわけではありませんが、場合によっては自己資金がゼロでも不動産投資を始められるというメリットがあります。ローンを組んで不動産投資を始める際には、しっかりと返済計画を立てておくことが重要です。将来の家賃収入が変動する可能性も踏まえて、何年でローンを完済できるか予測します。収支の計算が難しいときは、不動産コンサルタントのアドバイスを利用するという方法もあります。