資産運用の為に行うマンション経営のコツ|利益を得る為の方法

保証人不要で入居可能

メンズ

困っている人を助ける保証

家賃債務保証は保証人を立てることができない人に向けて、代わりに家賃保証会社などが保証人になる事です。現代は身近に頼れる人のいない高齢者や海外からの移住者、障害者の世帯などで保証人がおらず賃貸に入所することができずに困っている人が多いです。また、18歳以下の扶養している子供で低所得であったり、職場を解雇され住宅から退去しなければいけない人も対象になります。その様な人のために、家賃保証会社などが保証人の代行を行います。貸主にとっては家賃を滞納する心配がなく、また入居する側は自分で保証人を立てずに済むので両者にとってメリットのある方法です。家賃債務保証は社会的な弱者を救うことできる画期的な保証制度です。

申し込み方法

家賃債務保証は、高齢者や障害者や外国人などが住宅に入る際に必要な家賃債務などを保障することです。高齢者で身近に保証人を頼める人がいない人などが利用しています。それぞれ家賃債務保証制度に細かく定められた条件をクリアする人が利用できます。利用する方法は、まずは保証制度が利用可能な住宅であるかの確認が必要です。そして、申込用紙に必要事項を記入後に家賃債務会社へ申し込みます。審査の結果で入居が認められたら無事に保証契約が開始となります。身寄りがいなかったり保証人を頼みにくい人でも、自分で探す手間が省けて事実上不要になるというメリットがあります。海外から日本への滞在者や障害者なども、条件に合えば利用できてとても助かる保証制度です。