資産運用の為に行うマンション経営のコツ|利益を得る為の方法

長期留守宅の活用

インテリア

長期留守宅活用の背景

サラリーマンの場合、ある日突然、辞令1枚で転勤を言い渡されます。単身赴任で転勤することもありますが、国内でも遠方であったり、海外に転勤しなければならないことがあります。この場合、家族全員で新しい赴任地へ引っ越すこともありますが、もし持ち家を所有している場合がその管理に困ります。家は、長く空けていると傷みやすくなりますし、せっかく手に入れたマイホームを売却するわけにもいきません。専門の業者に管理を委託することも可能ですが、家の維持管理を二重に行うことになりますので、不経済です。そこでリロケーションという方法が出てきました。リロケーションは、転勤などの期間に限定して住宅の賃貸借を行う方法です。以前は、賃借人を保護するため、賃貸借契約は勇気ではありませんでしたが、法律の改正により定期賃貸借が可能となりました。

長期留守宅活用の特徴

リロケーションは、空き家を有効活用して家賃収入を得ることができる上に、人が住んでいることで家が傷むことを防ぐことができます。すなわち、リロケーションは、言わば長期の留守中に、家賃を払ってくれる管理人を住まわせているようなもので、非常にメリットが大きいと言えます。一方で、期間限定という条件付きですので、家賃そのものは、通常の家賃相場よりも低く設定することになります。何もしなければ空き家状態になりますし、管理を委託すれば管理費を払うことになりますので、管理面でも経済面でも大きなメリットがあります。また、家を借りる側にとっても、一定の期間とは言え、相場より安い家賃で住まいを確保できることになります。その間に、自分の持ち家を建てる等の計画もできます。リロケーションは、賃貸人、賃借人双方にとってウィンウィンの制度であると言えます。